女優 再婚 小学生 離婚 エピソード 事務所" />
So-net無料ブログ作成

大沢樹生 息子 画像

スポンサーリンク




元光GENJIで俳優の大沢樹生(43)と、女優、喜多嶋舞(40)元夫妻の息子(15)が、

両親から虐待を受けていたと、27日発売の週刊文春で告白しました。

週刊文春では、約1週間前に大沢と再婚女性の家を出た長男を取材し、

なんと6ページにも及ぶ告白記事を掲載したそうです。



なんでも3歳ごろから喜多嶋の虐待が始まったとしていて、虐待の内容は、

保育園の弁当を残したら殴られたり、浴槽に沈められたりということがあったそうですが、

衝撃的だったのは、「包丁をのど元に突きつけることもあった」ということです。

小学生にしてそんな仕打ちは・・・むごすぎます。

そして、05年の離婚後は、大沢も虐待するようになったとしていました。

身の危険を感じることもあったのでしょう。

長男が警察に駆け込むこともあったといいます。

再婚後も大沢の虐待が止むことはなく、最近ではパンチが15分続き、

さらに日本刀を突きつけ「引いたら死ぬぞ」と殴りつけたそうです。

(それにしても、日本刀が手の届く所にある家って、いったいどんなでしょう・・・)

この件について大沢はコメントを控えていますが、所属事務所は

「大沢は息子のために努力してきましたが、

書かれていることと事実が異なることが多々あります」との見解を示したそうです。

喜多嶋の所属事務所は「事実無根です。今後、親子関係が良くなることを望んでいます」と

コメントした。

これだけ具体的なエピソードが語られて、「そんな事は全くありません」と言われても、

受けとる側としてはあまり信じる気になりません。

15歳と言えば精神的にも非常にデリケートな時期ですし、

今後の人生が狂わないことを願います。

6ad991da_640.jpg


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。